Tine Bek: The Vulgarity of Being Three-Dimensional
Tine Bek: The Vulgarity of Being Three-Dimensional
Tine Bek: The Vulgarity of Being Three-Dimensional
Tine Bek: The Vulgarity of Being Three-Dimensional
Tine Bek: The Vulgarity of Being Three-Dimensional
Tine Bek: The Vulgarity of Being Three-Dimensional

Tine Bek: The Vulgarity of Being Three-Dimensional

Disko Bay
¥6,600(税込)

デンマークの写真家ティーン・ベック(Tine Bek)の作品集。ベックはこの初のモノグラフで、一連の美的実験を通して、厳格な階層構造から逃れようとしています。溢れ、流れ、崩れ、膨れ上がる形のイメージが紹介されています。彫刻の伝統の中で、下品あるいはバロック的と見なされ切り捨てられてきた、制御されていない形の過剰さ。本書は、静物や創造された彫刻的な形を撮影したものを組み合わせたものです。果物、素材、布、人物などがひとつになり、微妙な色の濃淡で変化しています。

ページ: 184
サイズ: 220 × 290 mm
フォーマット: ソフトカバー
言語: 英語
刊行年: 2022
出版: Disko Bay