Steidl-Werk No.30: Kunsthaus Göttingen
Steidl-Werk No.30: Kunsthaus Göttingen
Steidl-Werk No.30: Kunsthaus Göttingen
Steidl-Werk No.30: Kunsthaus Göttingen
Steidl-Werk No.30: Kunsthaus Göttingen
Steidl-Werk No.30: Kunsthaus Göttingen
Steidl-Werk No.30: Kunsthaus Göttingen
Steidl-Werk No.30: Kunsthaus Göttingen

Steidl-Werk No.30: Kunsthaus Göttingen

Steidl
¥19,800(税込)

シンガポールのグラフィック雑誌「Werk」。ドイツの出版社「Steidl」、アートスペース「Kunsthaus Göttingen」とのコラボレーションによるもの。2022年の「ドクメンタ」での展示の一環として制作されました。オフセット印刷の伝統を再定義するもので、自発性と破壊によって形作られています。この限定版では、一冊一冊が異なる色調を持ち、唯一無二の存在となっています。「機械や人間の介入を妨害することで、既存の考え方、技術、手順を機能不全にする」というマニフェストを掲げ、印刷のプロセスを分解して結果を高める「リバースエンジニアリング」と呼ぶ手法で、それを本の形で実現しました。直感と偶然を受け入れ、通常は廃棄されるテストシートを製本に使用し、印刷機の水を止めて予測不可能なカラーパターンを作り、CMYKの標準色を蛍光色のバリエーションと交換しました。その結果、「プリンテッド・アナーキー」と呼ばれる、まったく新しい本の形が誕生しました。限定650部。

※一冊ずつ全て色や柄が異なります。予めご了承ください。

ページ: 280
サイズ: 260 x 360 mm
フォーマット: ハードカバー
言語: 英語
刊行年: 2023
出版: Steidl