1 /

Echoing Exhibition Views

Onomatopee
¥1,700(税別)

客観的であるはずの展示会の主観性に焦点を当てています。アーティストが展示を行う際に、パフォーマンス、空間、視覚、あるいは技術的な側面から、主観をどのように実現するか、その展示会の主張をどのように広げ、反映し、批判できるか。

展示会がデジタルの領域に入り、アートや文化をスクリーンの向こうで楽しむことができるようになった今、展示風景はどのように光学的、技術的、文化的に拡散していくのか。この変容は主観性の新しい理解をどのように反映しているのか。デジタル化された展示風景を出発点として、ポストデジタル文化、ハイパーリアリティ、そして主観性との関係についての芸術的、理論的な考察を行っています。展示会の変容の可能性に焦点を当てながら、展示会が芸術的なレンズを通して、どのように主観的な視点へと移行していくのかを問いかけています。

ページ: 80
サイズ: 170 × 240 mm
フォーマット: ソフトカバー
言語: 英語
刊行年: 2020
出版: Onomatopee

15,000円以上のご注文で送料無料。

Newsletter
ニュースレターで、新入荷商品や特集、デザイン関連情報のお知らせを配信しています。