Das Denken unterbrechen
Das Denken unterbrechen
Das Denken unterbrechen
Das Denken unterbrechen
Das Denken unterbrechen
Das Denken unterbrechen
Das Denken unterbrechen

Das Denken unterbrechen

Jungle Books
¥3,190(税込)

彫刻作品の制作や修復を行うスイスの大規模なアート工房「Kunstgiesserei St.Gallen」のドローイング集。

言葉は簡単には出てこないし、時には全く出てこないし、説明は言葉にならず、手に委ねられます。そして、脳、手、言葉のすべてが通じないときに、鉛筆という受動的な物体が助けてくれる。

建設的な詳細や同様の複雑さを他人や自分に説明することは、一種の同じ問題であり、同じ解決策を必要とします。言葉が通じないとき、鉛筆が役に立つ。脳がすでに知っていることを手が自由にスケッチして、自分や同僚に理解できるようにします。自発的なスケッチは、問題を明確にし、複雑な問題をその複雑さから解放することができます。言葉で表現できなくても、鉛筆と数本の線があれば、すぐに効率的で建設的な解決策がもたらされます。それは、誰もがいつかは気付き、実行しなければならないシンプルな観察です。「Kunstgiesserei St.Gallen」でも、ごく自然なコミュニケーションの形です。クライアントや同僚と細部や施工上の問題点を議論したり、紙や手の届くところに無造作にスケッチを描いたりしています。接合部、ネジ、ドリル穴をどこに置くか?どこに溶接部を設けるのか?これをどうやって持ち上げるか、どうやって立たせるか。このような問題を解決するためのスケッチはすぐに描かれ、解決策が見つかった時点ですぐに捨てられることが多い。それはアーカイブのためではなく、記録のためでもなく、建設とコミュニケーションのためのツールなのです。

本書は、「Kunstgiesserei St.Gallen」の従業員のひとりであるステファン・イナウエン(Stefan Inauen)が、同僚のスケッチを収集したものです。それらは、小さな断片、ポストイット、写真や名刺の裏に描かれたもの、時にはカフェテリアの紙製テーブルクロスの切れ端など、自然発生的に集められるもので、イナウエンはそれらがゴミ箱に入ってしまう前に、保管し、後に封筒に入れておきます。イナウエンは、ゆっくりと、しかし着実に、あまり目的を持たずに収集を続けていますが、それはおそらく、スケッチがそもそも存在するようになったのと同じように、あまり大げさでなく、特定の目的を持っていません。これは、ふたりの間のコミュニケーションの試み、何かを説明してお互いを理解しようとする試みを表現する魅力的な方法です。鉛筆の力を借りて、あなたと私、私とあなたの間で行われる、とてもシンプルで人間的なやりとりです。イナウエンのコレクションの中から、いくつかのアイテムが本書に複製されています。それらのスケッチが、どのような作品やアーティストのプロジェクトを構築するためのものであるかについてはあまり説明されていません。それらは、偉大な作品が生まれる過程での小さな一歩ではなく、自律的で見事なドローイングとして、ここに紹介されています。

ロナルド・フリュー(Roland Früh)

ページ: 384
サイズ: 250 × 335 mm
フォーマット: ソフトカバー
言語: 英語、ドイツ語
デザイン: Samuel Bänziger, Rosario Florio, Larissa Kasper
出版: Jungle Books