1 /

bauhaus journal 1926–1931

Lars Müller Publishers
¥9,450(税別)

1919年にドイツで設立され、わずか14年で閉校した造形芸術学校「バウハウス(Bauhaus)」。無駄な装飾を廃し、合理性を追求するモダンデザインの基礎を築きました。本書は、1926年から1931年に発行されたバウハウスジャーナルがまとめられています。美術家のヨゼフ・アルバース(Josef Albers)、建築家のヴァルター・グロピウス(Walter Gropius)、画家のパウル・クレー(Paul Klee)、グラフィックデザイナーのヘルベルト・バイヤー(Herbert Bayer)、建築家のミース・ファン・デル・ローエ(Mies van der Rohe)など、当時のこの運動における重要な声が収録されています。

ページ数: 412
サイズ: 210 × 297 mm
フォーマット: ソフトカバー、スリップケース
言語: 英語
刊行年: 2019
デザイン: Integral Lars Müller
出版社: Lars Müller Publishers

1万円以上のご注文で送料無料。

Newsletter
ニュースレターで、新入荷商品や特集、デザイン関連情報のお知らせを配信しています。