宇平剛史: Cosmos of Silence
宇平剛史: Cosmos of Silence
宇平剛史: Cosmos of Silence
宇平剛史: Cosmos of Silence
宇平剛史: Cosmos of Silence
宇平剛史: Cosmos of Silence

宇平剛史: Cosmos of Silence

Ordinary Books
¥4,730¥5,940(税込)

本商品は、輸送時の傷や汚れ、印刷・製本不良があるもの、または展示使用したものです。商品の状態については以下をご覧ください。返品・交換は出来かねますので予めご了承ください。

・表紙、背表紙に汚れ

モノクロームを基調とする精緻かつ静謐な仕事で国際的に活躍の場をひろげる、気鋭の現代美術家・デザイナーの宇平剛史(うひら・ごうし)のこれまでのアートワークとデザインワークで構成された初の作品集。宇平の生い立ちから今後の実践へと展開するインタビュー「静かで遅いイメージ──繊細な領域を知覚する」、美術批評家の沢山遼による論考「肌理の倫理」、美学者の星野太による文章「愛の設計」を収録。巻末には、造本時に採用したさまざまな紙の仕様が掲載されています。

宇平剛史|Goshi Uhira
現代美術家・デザイナー。東京を拠点に活動。1988年福岡県福岡市生まれ。東京都立大学(旧首都大学東京)システムデザイン学部インダストリアルアート学科修了。人の皮膚がもつ無限の肌理を高精細のグレースケール写真で提示する連作《Skin》や、数千個のガラスの球体を用いたインスタレーション作品Glass Ballsなどを発表している。2021年に横浜市民ギャラリーで個展「Unknown Skin」、2020年にNADiff a/p/a/r/tで「呼吸する書物|Breathing Books」を開催。2020年に3331 Arts Chiyodaで開催された3331 Art Fairに参加し、小池一子賞を受賞。装幀を手がけた主な書籍に、星野太『美学のプラクティス』(水声社、2021年)、沢山遼『絵画の力学』(書肆侃侃房、2020年)、荒川徹『ドナルド・ジャッド』(水声社、2019年)、横田大輔『Vertigo』(Newfave、2014年)など。

www.goshiuhira.com

ページ: 136
サイズ: 215 × 304 mm
フォーマット: ハードカバー
言語: 日本語、英語
刊行: 2022
出版: Ordinary Books