Zhang Xiao: A Hometown
Zhang Xiao: A Hometown
Zhang Xiao: A Hometown
Zhang Xiao: A Hometown
Zhang Xiao: A Hometown
Zhang Xiao: A Hometown
Zhang Xiao: A Hometown
Zhang Xiao: A Hometown
Zhang Xiao: A Hometown

Zhang Xiao: A Hometown

Jiazazhi
¥7,480(税込)

中国人アーティスト、チャン・シャオ(Zhang Xiao)の作品集。2011年以来、チャン・シャオはすべての作品を、彼の成長と記憶に密接に関連する、彼が最もよく知る故郷に移しています。当初、彼はポラロイドのエマルジョンリフトを使った一連の作品を制作しました。これは自分自身と故郷が引き裂かれ、修復される過程のメタファーであり、これらのコラージュ画像を通して、記憶と現実のバランスを見出すためのものでした。

当時のチャン・シャオは、故郷に向かうというよりも、村の中をさまよう子供のように、反射するコインの中から故郷の「遺跡」をあてもなく探していました。家の古い引き出しからものをすべて捨て、親戚の古い写真集をあさり、市場に隠れている写真館を歩き回り、村人全員のポートレートを撮るために村議会の農村協同組合医療証まで借りました。

チャン・シャオは故郷に関する作品の中で、『中国の農村』の飛暁東の言葉を引用しています。「特定の生活集団にはそれぞれ特別な言語があり、他の言語では翻訳できない言葉や言い回しがたくさんある。これらの故郷のイメージは、地域社会における複雑な関係を、平坦な消費イデオロギーと美的論理に投影する、ある種の言語に過ぎない。」

チャン・シャオは故郷を調査するうちに、幼い頃から自分を取り巻く農村の「美学」を再発見しました。それは、様々な種類の視覚的知覚、図式、文字、色彩など、現代的なものと互換性がありますが、ある程度は都市に対する人々の想像力、権力、より良い生活への憧れが源となっています。

チャン・シャオの故郷探訪の中で、「リンゴ」というシンボルは他の作品以上に重要な意味を持っています。故郷に関する作品をすべて地図上に広げてみると、まるで村の中心に果樹園を作るかのように見えます。チャン・シャオは、過去作『Them』や『Coastline』というマクロな視点から、故郷に戻り、そしてリンゴに至るまで、私の創作には「面」から「線」へ、「線」から「点」へのプロセスがある。その後、故郷の地理的な「点」をなくし、より象徴的な「リンゴ」に置き換えていきたいと考えている。と語ります。

ページ: 1112
サイズ: 135 × 180 mm
フォーマット: ソフトカバー
刊行年: 2021
出版: Jiazazhi