BIG-GAME: Everyday Objects
BIG-GAME: Everyday Objects
BIG-GAME: Everyday Objects
BIG-GAME: Everyday Objects
BIG-GAME: Everyday Objects
BIG-GAME: Everyday Objects

BIG-GAME: Everyday Objects

Lars Müller Publishers
¥4,400(税込)

2004年に3人の友人によって設立されたスイスのデザインスタジオ「BIG-GAME」の作品集。本書は、彼らが手がけた日用品のインダストリアルデザイン作品を紹介し、デザイナーが日常生活の一部となるアイテムを作る喜びを明らかにするものです。スーパーマーケットで売られているワインボトルやニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久収蔵品になった椅子、航空会社のカトラリーセット、スイスの時計メーカーの時計、日本の陶芸家とのコラボレーション、イケアで売られている家具などを掲載しています。彼らの魅力とユーモア、そして率直な口調が、今日の工業デザインのプロセスを楽しく表現しています。

著名なデザイン評論家であるアンニイナ・コイヴ(Anniina Koivu)が、一連のインタビューに基づき、このデザインスタジオにおけるデザインプロセスを解説しています。また、スイスの美術館「mudac」のキュレーターであるスザンヌ・ヒルパート・ストゥーバー(Susanne Hilpert Stuber)によるエピローグでは、BIG-GAMEと今日のスイスのデザイン産業との関係に光を当て、国際的な文脈の中で考察しています。

ページ: 160
サイズ: 170 × 230 mm
フォーマット: ハードカバー
言語: 英語
刊行年: 2019
出版: Lars Müller Publishers